BICYCLE COFFEE IPA

2017/10/12

先日SNSなどで告知させて頂きましたが、Far Yeast BrewingさんからBICYCLE COFFEE IPAが10月11日に限定発売されます。

 

BICYCLE COFFEEがなんでビール??と思った方もいるかもしれませんので、今回のコラボレーションに至る経緯を少しご紹介。

 

8月、BICYCLE COFFEEを扱っていただいている渋谷のFar Yeast Tokyoにデリバリーに行った際、「いつかコーヒービールを作ってみたいんですよね〜」と、Far Yeast Brewingの山本さんに話したのが全ての始まりでした。その時は軽く言ったつもりだったんですが...

 

デリバリーの数日後に連絡があり、「早速打ち合わせをしましょう」と。

正直、最初は「えっ、マジ?」という感じでした 笑

 

翌週、私は奥多摩駅の先、東京と山梨の県境にある山梨県小菅村に向かいました。

「多摩源流」そうです、ここは多摩川の源流です。水がイイって事ですよね!

 

なぜ多摩川の源流まで来たかというと....

 

「源流醸造所」

今年の春に稼働し始めたFar Yeast Brewingさんの新しい工場にお邪魔しました。

 

Far Yeast Brewing さんは、毎月1回醸造所のオープンデーを開催しており、工場見学なども出来るんです。もちろん私も打ち合わせを兼ねて、一般のお客様と一緒に工場見学をさせてもらいました。

 

入口には数々のビールコンテストでの賞状!!

 

先月開催されたインターナショナルビアカップ2017では、フリースタイルエール部門において【東京ホワイト】が金賞を受賞されたそうです!

工場内部に入ると、早速大きなタンクがお出迎え。

圧巻です。

小規模醸造所とは言えこんな姿を間近で見れる機会なんてあまりないのでいきなりテンション上がります!

※企業秘密の部分が多いので写真はごく一部。

 

設備の説明をしながら、この中でビールがどのように変化していくのかを丁寧に教えてくれるので、お客様はみんな真剣に耳を傾けます。私にとっては授業を聞いているような感覚でした。

工場見学が終わってから裏のスタッフルームで代表の山田さん、醸造長の柳井さんらと早速打ち合わせです。

 

持参したコーヒー豆やCOLD BREWをビールに入れてみたり、飲んでみたり、分量を計算しながらいろいろ実験の繰り返し。結局この場では結論は出ず、すぐにどうするみたいな話までは行きませんでしたがとても良い経験でした。

 

帰りのバスまで時間があったので、ビールを2杯頂きイイ気分になってきたな~というところで山田さんから一言、「IPAにコーヒー入れましょうか」と。

最初は実験してみるレベルの話かと思ったのですが、話していくと何千リットルに対して何キロとかのワードが。

心の中では「展開が急すぎるよ...笑」と思いながらも、その場で話はあれよあれよと進み...

 

決まりました!!【BICYCLE COFFEE IPA】10月11日発売。
もともと華やかなフルーティーさを持つベルジャンIPAをベースに、これまたフルーティーなBLENDを贅沢に使用しています。

 

8月に何気なく話した事が、1ヶ月以内には始動、2ヶ月後には実現するという急展開!それって、タイミング、やる気、スピード感、運...あと何??

いろんな事が重なり合って今回のようなコラボレーションが生まれたのだと思いますが、何より醸造してくださったFar Yeast Brewingさんに心から感謝しています。本当にありがとうございます!

 

限定醸造品で数に限りがありますので、皆さん是非よろしくお願いします。

今後イベントもいろいろ企画していますので、お楽しみに。

 

Cheers!!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter