GUATEMALA コーヒー農園視察記③

その日の収穫が終わると、真っ赤に完熟したコーヒー、黄・緑と未熟なコーヒーチェリーの仕分け作業をします。 仕分けが終わり、袋に入ったコーヒーチェリーを農園内の精製工場に運びます。50kg程の袋を、男性だけでなく女性も背負っています。これには驚きました‼ そして、階段を上がった先に計量所があり、コーヒーチェリーの重さが書かれた紙を受け取ります。この紙が何キロ収穫したかの証明、つまり報酬となるのです。 計量が終わったコーヒーチェリーは、そのまま階段の上から大きな貯水槽に移されます。 ここでの精製方法は水洗式(ウォータープロセス)と呼ばれている方法です。 精製過程で水を使うことで葉っぱなどの不要な物は浮き、石など重い不要物は沈み、除去されます。 時間をかけながら次の水槽に少しずつ移され、実が少し柔らかくなってきたところで、果肉除去機 機械が回ります。どんどん出てきます。 上からチェリーが丸ごと投入されて種だけ出てきます。まさに水洗式‼って感じがします。 果肉除去と言っても、コーヒーチェリーの中は大きな種で埋まっており、果肉は少なく皮をむくというイメージです。 この機械たち、水力で動きます。 私たちが宿泊したゲストハウス含め、農園内の施設では夜しか電気が使えないようになっていました。 昼間にiphoneの充電をしようと思っても、充電できませんでした。充電できない事をすごく不便に感じてしまった自分が少し残念だったりして。。。 果肉除去された種は発酵槽に移されます。 丸一日発酵させることで、酸味や甘味がより深くなり、フルーティーなコーヒーとなるのです。 種は次の機械へ水と一緒に進みます。ドラ

GUATEMALA コーヒー農園視察記②

San Marcosのゲストハウスで一夜を過ごし早朝4時に起床、夜明け前に農園へ向かいました。 農園の名前は「FINCA EL PLATANILLO」 この農園のコーヒーは、これから私たちが扱うコーヒーの農園でちょうど入れ違いで日本に向けて海を渡っており、まさに帰国直後に荷受けするコーヒーなんです‼ この農園、約400ヘクタールの敷地でコーヒーを栽培しており、この最上部は現在ヤングツリーと言われる若いコーヒーが育っています。農園の最上部1600m地点で夜明けを待ち、まさにご来光と共にコーヒーの樹とご対面を果たす我々でした。 まだ1m位の樹にコーヒーの花が見事に咲いている様子が印象的ですが、花は3、4日で散ってしまうそうです。花の香りはジャスミンのような、でももう少し甘いような香りがします。 コーヒーの樹と対面を果たした後は、少し下って農園の中心部へ。 ここは農園の核となる場所で、コーヒーの精製工場が併設されていたり、農園で働く人が生活する居住スペースがあったり、私たちのようなゲストが滞在できる建物があり、一つの村のような所でした。 ゲストハウスで朝食を済ませた後は、農園の中でも現在収穫を行っているエリアへ向かいます。 ピックアップトラックの荷台に乗り、農園内の険しい悪路をインディジョーンズのように進す‼ 農園を案内してくれたのは農園長のJorgeさん(写真上中央)と、マネージャーのRiquelmeさん(写真下)のお二人。 写真からも分かる通り、農園という言葉よりはジャングルと言った方が分かりやすいような、シンプルに山の中です。オーガニックコーヒーを栽培しているというよりは、自然

GUATEMALA コーヒー農園視察記①

暖冬とはいえ、自転車にとっては十分寒くて、春が待ち遠しい今日この頃です。 東京の四季を感じながら私たちが毎週自転車で配達をしているコーヒーですが、世界60か国以上で生産されています。60か国というと結構多くの国で生産しているようなイメージですが、コーヒーは亜熱帯性の植物で、生産できる地域が限られています。生産に適している地域に対して、赤道付近の範囲を指す「コーヒーベルト」という言葉が存在するほどです。 品種や地域によっても異なりますが収穫シーズンが決まっており、この度収穫シーズン(2月)に合わせて、私たちBICYCLE COFFEE TOKYOが焙煎するコーヒーでは定番となっている「グアテマラ」のコーヒー農園に視察に行ってきました。 グアテマラ:国土の70%が山岳地帯で、中米有数のコーヒー生産国です。強い日差し、降雨量、火山由来の土壌、山の傾斜や高原を利用して栽培されています。また、山側から吹く冷たい風と谷側からの暖かな風によって適温が保たれ、高品質なコーヒーが生まれます。 上記したものの、かしこまった文面はあまりBICYCLE COFFEEらしくありませんので、いわゆるコーヒー屋っぽい説明はこのくらいにして、写真と合わせて滞在の様子をご覧ください‼ 日本を出発後、2回の乗り継ぎ(ロサンゼルス・マイアミ経由)で計40時間をかけてグアテマラへ向かいます。 途中のロサンゼルスでは、、、 乗り継ぎの間に時間があり、BICYCLE COFFEE LAを訪問して記念撮影‼︎が目的ではなく、少しの時間でしたが現地のスタッフと一緒に焙煎をしたり意見交換をしてきました。 国も文化も違う所です

Recent Posts
Catagories
Tags
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

ARC'TERYX TOKYO GINZA

東京都中央区銀座3-11-14 1F

TEL: 03-3248-1271

営業時間

月水木金 12:00〜19:00

土日祝 12:00〜18:00

​定休日:火曜日

​くわしくはこちら

BICYCLE COFFEE TOKYO

東京都葛飾区金町2-27-12

TEL: 03-3544-2751

営業時間

木金 12:00〜17:00

土日 10:00〜17:00

定休日:月火水

​くわしくはこちら

SUNWEST SHOWROOM&STORE

東京都葛飾区金町2-27-12

TEL: 03-3544-2751

営業時間

木金 12:00〜17:00

土日 10:00〜17:00

定休日:月火水

​くわしくはこちら

※登録のメールアドレス入力間違いやドメイン指定受信/拒否を設定されている場合は、配信メールを受信できない場合がございますのでご注意下さい。