信越トレイル トレイル整備に行く!

長野・新潟の県堺、関田山脈の尾根沿いに延び、その周辺の里山を巡ることができる信越トレイルをご存知でしょうか? とてもきれいなブナ林が象徴的な信越トレイル、今年は明日6月24日、25日にトレイル開きが開催されます。その今週末のトレイル開きに先駆け、今回私は信越トレイルクラブ事務局が行っているトレイル集中整備に2日間参加してきましたのでその様子を紹介したいと思います。 第1日目 初日は地図の関田峠をスタートし東方向の牧峠へ歩きながら整備を行ってきました。 トレイルに入るや否や、元々の素晴らしいブナ林は、冬の間に降り積もった雪の重みに耐えかねて倒れた幹や枝がトレイルを阻んでいました。チェーンソーやノコギリを使って、動かすことのできるサイズに切って退かしながら進みます。 倒木を切り刻み進んでいくとまだ雪が。いかにこのエリアが豪雪地帯であるかがわかります。 今年は、気温が低い日も多く残雪が多い方だとか。 腰にはノコギリ。そして軍手。 私は土いじりや庭仕事が好きなのですが、ブナの木は密度が濃く、中身がびっしりと詰まっており重さもあるので倒木を切るのも退かすのも大変です。 雪と霧深い森は幻想的。 休憩場所に到着。この場所は今回整備対象ではないのでここで一休みですが、こういった道標も整備の対象です。 この日の終了間際に知ることになるスペシャルメニュー...らしい翌日の道標の建替え整備。 なんとこれらの道標を担いで山を登るのです。 整備途中立ち寄った池に卵らしきものが。黒サンショウウオの卵です。 そしてこちらはモリアオガエルの卵。(画像真ん中よりやや左上の白いもの) 植物だけではなく、動物の息づ

【Noriがゆく。〜自転車とコーヒーとハンモック〜】

鳥の鳴き声と薄明りで目覚める。 結局、東京を出るときから降っていた雨は日を変わった朝方まで降っていました。テントと違いハンモックは空気感が自然そのもの。テントでも外の音は身近に聞こえますが、音はもちろん光や風といったものが壁ないので五感に響く。ハンモックキャンプは心地よいです。今朝も蚊帳越しに自然の空気を吸い込み、耳には鳥の声が心地よく響きます。 朝食は簡単に済ませますが、ハンモックキャンプにはこのDépart(デパール)さんのグラノラバー抜きには語れません。 Départさんのグラノラに対するこだわりはもちろんですが、単純に本当に美味しい。 ばくばくと食べるのも良いですが、私はこの少し歯ごたえのあるバーを、折りながら少しずつ食べていくのが好きです。シリアル系の食品は、身体にいいと言いながら意外とあまり良くないものが入っている事も。でもこのグラノラは、保存料や添加物を一切使用せず、ノンシュガー、ノンオイル、グルテンフリー。乳製品アレルギーのある子供でも美味しく安心食べることが出来ます。 やはりいい空気にはいい食事を。そして時間をゆっくり使いサスティナブルなグアテマラコーヒーをドリップする。コーヒーを屋外で飲むのは格別です。山コーヒーにサイクリングコーヒー。#coffeeoutsideが大好きです。 ハンモックを出て身支度をはじめ、先を急ぎます。 今日は甲州街道の中で一番の難所、笹子峠を通ります。通常、車は3kmあまりのトンネル「新笹子隧道」を通るのですが、自転車で通過するにはとても危険なトンネルなので、笹子峠を迂回して進みます。それに自転車は峠道を楽しまないと。(本当はそんな余

【Noriがゆく。〜自転車とコーヒーとハンモック〜】

高尾から始まる大垂水峠。 雨の中のペダリングが好きとはいいませんが、山に入ると緑が輝き、空気もやさしく悪くはありません。ただ、ずっと上り坂... 年も若ければ、グッとペダルを踏み続けてガンガン登っていくのでしょうが、私がそんなことをしたら筋肉系や膝が悲鳴をあげます... そんな時は、ペダリング→手押し→ペダリング→手押しで前へ進みます。手押しで歩いているとちょっとした小道に気づきちょっと覗いてみたりします。ここはどこにつながっているのだろうと。時間に余裕があればちょっと入り込みます。歩きやランニングと違ってちょっと脇道に入ったり、遠回りしたりできるのも自転車の機動力が成せる魅力かもしれません。でも今回はまだまだ先が長いのでここには入らず。 大垂水峠は、車の量は少なめで傾斜もキツくはなかったのですが、やはり片方のパニアいっぱいに積んだコーヒーで重い。坂道は堪えます... ちなみにもう片方のパニアには寝袋やハンモックなどのキャンプ道具が入っています。 登りを耐え忍んだ後は、そう、下りとなり相模湖へぐんぐん下ります。レインジャケットを着ているので風は通さず身体の冷えもない。あー、これもまた自転車の良いところ、ご褒美というか勝手に前に進んでくれる下り坂。相模湖だ!下りの勢いもあるし峠を越えたうれしさもあり相模湖は立ち止まることなく漕ぎ続け、キャンプ予定の上野原方面へ進んでいく。 そんな時出てきたのがこの景色。中央高速道下。 人間の作った造形物と山の緑のコントラスト。しかも誰も通っていない自分だけの為にあるようなこの側道。思わず足を止めてジャケットも脱いで見渡す。 キャンプ場は山の中にあ

【Noriがゆく。〜自転車とコーヒーとハンモック〜】

ちょうど一週間前。 天候は雨。私は西へ西へペダルを踏んでいました。そう、西へ、山梨県の白州へ。 この時期、山梨白州では自転車イベント、白州の森バイクロアが開催される。弊社もそのイベントでは毎回ブース出店をしている。http://bikelore.jp/hakushu3/ それにあわせてBICYCLE COFFEEへ、ある会社からコーヒー豆の配達注文が入る。というよりこの時期に合わせて注文を頂いたというのが正しい。理由はどうあれ、私はコーヒーの配達を兼ねて自転車旅とハンモックキャンプをしてしまおうというこのなのです。しかし雨かぁ... 新宿。 東京から山梨へといえば甲州街道。そしてその起点となる新宿。新しいバスターミナルがいつも以上に輝いてみえる。普通、山梨方面へ向かうとすれば便利な高速バスか電車だよな...と思いつつ、まあオレは自転車で向かわなければコーヒーをお渡しすることはできないのだと再びペダルを踏み始める。*Bicycle Coffeeは自ら焙煎したコーヒー豆を宅配業者などを利用し発送することはできません。自転車でお届けします。(お客様は自由な手段で虎ノ門までお越しいただきコーヒーをお買い求めいただけます!) 雨、雨、雨。こんな時こそトラブルはつきもの。そう、パンク。しかも雨の中で。 さらにまだ環八付近。勘弁してよお~...国道の側道にはいろいろな破片が落ちている。プラスチック片、ガラス片。踏んでしまったらしい。普段ただでさえわかりにくい破片類。濡れた路面は全くわからん。ここで予定より1時間ロスする。まだ環八抜けたところ... ※ちなみにBicycle Coffeeスタ

Recent Posts
Catagories
Tags
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

ARC'TERYX TOKYO GINZA

東京都中央区銀座3-11-14 1F

TEL: 03-3248-1271

営業時間

月水木金 12:00〜19:00

土日祝 12:00〜18:00

​定休日:火曜日

​くわしくはこちら

BICYCLE COFFEE TOKYO

東京都葛飾区金町2-27-12

TEL: 03-3544-2751

営業時間

木金 12:00〜17:00

土日 10:00〜17:00

定休日:月火水

​くわしくはこちら

SUNWEST SHOWROOM&STORE

東京都葛飾区金町2-27-12

TEL: 03-3544-2751

営業時間

木金 12:00〜17:00

土日 10:00〜17:00

定休日:月火水

​くわしくはこちら

※登録のメールアドレス入力間違いやドメイン指定受信/拒否を設定されている場合は、配信メールを受信できない場合がございますのでご注意下さい。