POINT6信越トレイルサポートモデル寄付金額報告

2018/04/06

長野・新潟の県堺、関田山脈の尾根沿いに延び、その周辺の里山を巡ることができる信越トレイルをご存知でしょうか?

とてもきれいなブナ林が象徴的なトレイルです。

そのトレイルや地域の情報発信、来訪者などのサポートを行っているのが、信越トレイルクラブ事務局。その事務局に対しまして、我々サンウエストは同トレイル整備の活動に微力ながら関わりたいと思い、アメリカ POINT6社と話を進め、同トレイルをサポートするメリノウールソックスの販売を昨年8月に販売を開始しました。

詳しくは過去のブログから。

 

 

 

このソックスの販売利益の25%が、信越トレイルクラブ事務局へ寄付されます。

アメリカ本国では、AT(アパラチアントレイル)PCT(パシフィッククレストトレイル)CDT(コンチネンタルディバイドトレイル)をPOINT6としてサポートしていますが、アメリカ以外のロングトレイルとしては初めて、この日本の信越トレイルがサポートされています。

そして、この度初めての寄付となります平成29年度分の寄付を、特定非営利活動法人 信越トレイルクラブに3月23日付にて寄付致しましたことを報告いたします。

 

2017年8月より2018年2月末日までの総販売数は376足となり、その寄付金額は57,284円となりました。57,284円は、同クラブを通じましてトレイル整備等に使わせて頂きます。

POINT6信越サポートモデルをご購入いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

同モデルの販売は引き続き行われておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

また、トレイル整備のボランティアも同クラブにて募集中ですのでぜひともご参加いただけたらと思います。

 

信越トレイルは、人間と自然が関わりあう全長約80kmに及ぶ雪国の里山です。

是非一度散策してみてはいかがでしょうか!

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts