• Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

ARC'TERYX TOKYO GINZA

東京都中央区銀座3-11-14 1F

TEL: 03-3248-1271

営業時間

12:00 - 20:00

日祝祭日:12:00 - 18:00

定休日:火曜日

BICYCLE COFFEE TOKYO

東京都葛飾区金町2-27-12

(SUNWEST SHOWROOM&STORE内)

TEL: 03-3544-2751

営業時間

木曜日:12:00 - 17:00

金曜日:12:00 - 17:00

土曜日:10:00 - 17:00

日曜日:10:00 - 17:00

定休日:月・火・水・祝日

SUNWEST SHOWROOM&STORE

東京都葛飾区金町2-27-12

TEL: 03-3544-2751

営業時間

木曜日:12:00 - 17:00

金曜日:12:00 - 17:00

土曜日:10:00 - 17:00

日曜日:10:00 - 17:00

定休日:月・火・水・祝日

※登録のメールアドレス入力間違いやドメイン指定受信/拒否を設定されている場合は、配信メールを受信できない場合がございますのでご注意下さい。

【Noriがゆく。〜自転車とコーヒーとハンモック〜】

2017/06/12

鳥の鳴き声と薄明りで目覚める。

結局、東京を出るときから降っていた雨は日を変わった朝方まで降っていました。テントと違いハンモックは空気感が自然そのもの。テントでも外の音は身近に聞こえますが、音はもちろん光や風といったものが壁ないので五感に響く。ハンモックキャンプは心地よいです。今朝も蚊帳越しに自然の空気を吸い込み、耳には鳥の声が心地よく響きます。

 

朝食は簡単に済ませますが、ハンモックキャンプにはこのDépart(デパール)さんのグラノラバー抜きには語れません。

Départさんのグラノラに対するこだわりはもちろんですが、単純に本当に美味しい。

ばくばくと食べるのも良いですが、私はこの少し歯ごたえのあるバーを、折りながら少しずつ食べていくのが好きです。シリアル系の食品は、身体にいいと言いながら意外とあまり良くないものが入っている事も。でもこのグラノラは、保存料や添加物を一切使用せず、ノンシュガー、ノンオイル、グルテンフリー。乳製品アレルギーのある子供でも美味しく安心食べることが出来ます。

 

やはりいい空気にはいい食事を。そして時間をゆっくり使いサスティナブルなグアテマラコーヒーをドリップする。コーヒーを屋外で飲むのは格別です。山コーヒーにサイクリングコーヒー。#coffeeoutsideが大好きです。

 

ハンモックを出て身支度をはじめ、先を急ぎます。

今日は甲州街道の中で一番の難所、笹子峠を通ります。通常、車は3kmあまりのトンネル「新笹子隧道」を通るのですが、自転車で通過するにはとても危険なトンネルなので、笹子峠を迂回して進みます。それに自転車は峠道を楽しまないと。(本当はそんな余裕もなく...)そんなことも頭にあり、峠に向かうソワソワ感も少しあり急ぎモードに。

 

キャンプ場から舗装路に出るまでは登り。

今日のスタートはペダリングではなく自転車の手押しでスタートに。天候は昨日とはうって変わっての晴れ!暑くなりそうだ。

 

先を急ぎたいと思いながらも、キャンプ場経営のご夫婦に聞いた地元の名所『猿橋』に立ち寄ることに 笑。このキャンプ場には何度か来たことがありますが、いつも東京方面からキャンプ場へ向かうので、このキャンプ場より西へは行ったことが一度もありませんでした。

この『猿橋』日本三奇橋のひとつだそうで、こんな名所があったとは!!趣のある橋でした。

*画像奥の橋。

 

画像は、猿橋からいきなり笹子峠入口の画像になるのですが、実はここの笹子峠入口までが以外に長く感じます。大月市は広くて長かった。さあ、峠を行こう。

 

笹子峠はしっかり管理された人工林と、自然をそのままに成長させた林とが混在するらしい。

樹齢1000年を超える『矢立ての杉』という大木の名所も途中にありました。

 

峠の登りは、相変わらずペダルを踏んでは手で押して、ペダルを踏んでは手で押しての登り方。

この峠ではサイクリストにちらほら会いましたが、みんな私を抜いていき、再び追いつくことはありませんでした... 私はマイペースを守り、途中自転車を止めては登ってきた道を振り返ります。休む回数も増える午前中。

 

ひたすら登ること数時間。

ついに見えた笹子隧道。趣あるトンネルに心躍ります。やはり峠を抜けて良かった。

 

とうとう難所を終えそうです。実はこの峠を少し前に自転車で通過した知人から、この峠の情報を得ていたのですが、「キツくないですよ!」とのアドバイス。

でもM君、キツかったよ... 考えてみれば20以上も齢は離れているし参考になるはずもなく 笑

でも登り詰めました!

 

トンネルを抜けると下りです!

杉林をグングン下っていくと少しずつ民家が見えてきて、峠を越えたことを素直にうれしく思いました。自転車特有の下りのご褒美も心地よく、そのまま進むと道が広がり再び甲州街道へ。

標識を見ると勝沼町!

 

「勝沼=ぶどう」と刷り込まれた私の頭の中はすぐにぶどう畑に目をやりたくなりました。